セールスコピーとキャッチコピーの違い

キャッチコピー

キャッチコピーは、チラっと見た人に注意をひきつけることを目的とした文章です。

チラっと見ただけで、興味をもってもらうために短い文章でひきつけます。ポスターやパンフレット、チラシ、動画広告などでは、デザイン的にも目立つように工夫します。

見た人が「なんだろう?」と思って、さらに詳しいことを知りたくなり、説明の文章を読んでもうように誘導します。

キャッチコピーは、商品と直接関係のない文言であってもかまいません。商品を売る目的以外でも、「キャッチコピー」は利用されます。

セールスコピー

セールスコピーは、見た人が商品を購入したくなることを目的とした文章です。または、セールストークで強調したいことや商品の特徴だったりします。

商品について触れる必要があります。
たとえば、商品のすぐれているところ。性能や利便性。コストパフォーマンス、絶対的金額としての安さ。デザインなどを強調します。

短い文章は印象的にアピールできますが、セールスコピーは長い文章の場合もあります。たくさんの特徴を箇条書きするスタイルもあります。

ただし、

「セールスコピー」が「キャッチコピー」として使われることもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新・消費者理解のための心理学 [ 杉本徹雄 ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2018/12/2時点)

楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です